ハワイ語Vol.1/ハワイ移住計画「ハワイファン!」

HOME >  お役立ちコンテンツ >  ハワイ語Vol.1
ハワイ語Vol.1
ハワイ語Vol.1
ハワイ語Vol.1
アメリカ合衆国の属州であるハワイでは、英語が主流。しかし、欧米文化が入るその前までは、ハワイ先住民による、その土地の大切な言葉“ハワイ語”でコミュニケーションがなされていました。その名残は今も色濃く残されており、地名や挨拶、固有名詞などで未だによく見かけますし、それがそのまま使われています。ただ残念なことに、しっかりとハワイ語を話せる人は年々減少の一途を辿っています。先住民からのハワイ語は、失ってはならない文化的且つ社会的なアイデンティティーそのものです。ハワイ好きの私たちも、楽園リゾートハワイという一面以外に、風土や伝統といったものへ関心を向け、しっかり学び残していきましょう!
さて今回は、そんな素敵な言葉ハワイ語の挨拶編として、その一部をご紹介致します。有名な「アロハ〜」から、耳慣れないものまで色々ありますので、チェックしてみて下さいね。

ハワイ語の発音と読み方ポイント

ヾ靄榲に日本語のローマ字読みと同じです。
日本語の母音は「A・I・U・E・O」であり「ア・イ・ウ・エ・オ」と発音しますが、ハワイ語では「A・E・I・O・U」で「ア・エ・イ・オ・ウ」と発音します。

長母音と短母音があります。
ハワイ語には上記5つの母音以外に、Āというアルファベットの上に棒を表記し、長めに発音する母音(長母音)が存在します。これを「カハコー(kahakō)」といい、ハワイ語の特長の一つです。

子音は7つで「H・K・L・M・N・P・W」がそれに当たります。

ぅ魯錺じ譴梁腓な特長であるオキナ(`OKINA)というものがあります。
日本語には無い発音で少し難しいのですが、喉を詰まらせ次の発音をするようなイメージ。敢えて具体的に言うなら、日本語の小さな「つ」を読むような感覚です。表記では「‘」で示され、閉鎖音として使われます。

テ本語の「ん」にあたる発音はありません。

ハワイ語挨拶編

はい
アーイ ('ae)

いいえ
アオレ ('a'ole)

おはよう
Aloha kakahiaka (アロハ カカヒアカ)

こんにちは
aloha (アロハ)
※基本的にどんな場面でも使える便利な言葉!
お昼の挨拶限定ではありません。サヨウナラの場面でもOK。

こんばんは
aloha ahi ahi (アロハ アヒ アヒ)

ようこそ
Aloha mai (アロハ マイ)

ごめんなさい
e kala mai (エ カラ マイ)

お元気ですか?
Pehea `oe? (ペヘア オエ)

元気です!
Maika`i (マイカ イ)

ありがとう
Mahalo (マハロ)

愛しています
Aloha au ia `oe (アロハ アウ イアー オエ)

誕生日おめでとう
Hau`oli la hanau (ハウオリ ラーハナウ)

また会いましょう
A hui hou (ア フイ ホウ)

※この情報は変更することがありますのでご注意下さい。

愛犬とのハワイ渡航を実現!ハワイドッグ
ハワイ移住計画のススメ ハワイ移住の流れ ハワイ不動産購入のコツと流れ ハワイLIFEインタビュー ハワイの語学留学 ハワイで会社設立学 お役立ちコンテンツ
ページトップ