インターンシップを利用したハワイでの就職/ハワイ移住計画「ハワイファン!」

HOME  >  お役立ちコンテンツ  >  ハワイの生活事情を知ろう【インターンシップを利用したハワイでの就職】
お役立ちコンテンツ ハワイの生活事情を知ろう【インターンシップを利用したハワイでの就職】

「ハワイで就職してみたい」こんな夢を抱いている方は多いでしょう。ハワイには「インターシップ」という便利な研修制度があります。
働いて給与を得ながら実践的な英語力も身につけられるとあり、夢を抱く多くの若者がハワイに渡っています。ここでは、インターシップを利用したハワイでの就職についてご説明します。

■そもそもインターシップとは?


米国の国務省教育文化局が指定している制度で、J1ビザ(※を参照)を取得し、米国で実務に従事して給与を得られる制度で、12ヶ月コースと18ヶ月コースがあります。

※J1ビザ:奨学金による交換留学生、大学や企業の研究者の研修や派遣などのケースに必要なビザです。期間や目的が限定されるインターシップ参加者もこのビザを取得しなければなりません。

■無給と有給がある


●無休インターシップ
1〜3ヶ月と短期間で、主に海外体験に重点を置いており、ボランティアと称して有給インターシップと区別しています。語学学校に通いながら簡単な職業体験も出来るので、様々な体験を通し、生きた英語に触れることが出来ます。ただし短い期間なので、物足りなさを感じる方も多いです。

●有給インターシップ
米国の国務省教育文化局が認定している「The Exchange Visitor Program」の一環で、実務経験を通じて知識やスキルを身に付け、それを自国に持ち帰り、自国の発展に活かすことが目的です。現地では通常の社員と同様に扱われるため、高いモチベーションやコミュニケーション能力が要求されます。報酬が得られるので、少ない自己負担で長期の滞在が可能となることがメリットです。ただし、参加にはある一定の条件が必要になります。よく確認しておきましょう。

■積極性や環境適応能力が求められる


インターンシップの目的は、実務に従事して専門知識を深め、自国の発展に役立てること。決してアルバイト気分での渡航ではありません。中には現地で認められてそのまま正社員として登用され、就労ビザの取得が出来た方もいます。実際に日本では、年に数名ほど就労ビザを取得しています。インターンシップは、米国での本格的な就職を目指す若者の登竜門と言っても過言ではありません。
日本人は、本来持つ勤勉さや誠実さ、おもてなしの心から、その能力は世界で認められ、高く評価されています。そのため、日本からの優秀な人材を積極的にインターシッププログラムに採用する企業も多いです。

■無給と有給がある


‖仂歿齢:22歳〜34歳です。あくまでも「研修」という位置付けなので、年齢が高くなると厳しくなる傾向があります。ただし、経験値が高いことで有利に働く場合もあります。

英語力:インターンシップ提携先によって異なるため、一概には言えませんが、食事の際にレストランでの注文や簡単なコミュニケーションが取れる程度の英語力は必要です。TOEICのスコアの目安は600点です。

3慘髻職歴
○高校卒業後、5年以上の職務歴
○専門学校・短大・大学(全てアメリカ以外)卒業、1年以上の職務歴
米国の国務省が定めているため、米国の大学を卒業していても卒業資格と認められません。米国の大学卒業資格は、高校卒業資格と同様に扱われます。

な欷韻悗硫弾
米国の国務省が定めています。

■学生には学生インターシップ


「US Work Travel」という名称で、毎年学生向けに提供されています。長期休暇を利用し、最大4ヶ月間に渡り就労体験が出来ます。世界中から毎年15万人もの学生が利用しており、交流を通じて互いの文化を理解し合えるため、国際感覚を重視する日本人学生から高い関心があります。ホームステイや語学学校への留学とも組み合わせられるのも人気の理由でしょう。就労体験後、約1ヶ月の滞在が許可されているのも学生インターンシップの特典。ハワイを思う存分満喫出来ます。

■インターンシップ養成講座もあるほど


記述の通り、誰でも気軽にインターンシップに参加出来るわけではなく、一定の能力や本人のモチベーションが必要になります。日本には、米国にインターンシップ研修を望む方のために、有料で研修プログラムを用意している企業もあります。具体的には英語力のトレーニングやインターンシップ受け入れ企業の紹介などを行っています。インターンシップに参加したいのならば、まず自分に今どの程度可能性があるか見極め、不足している条件を把握し、対策を取ることが必要です。

愛犬とのハワイ渡航を実現!ハワイドッグ
ハワイ移住計画のススメ ハワイ移住の流れ ハワイ不動産購入のコツと流れ ハワイLIFEインタビュー ハワイの語学留学 ハワイで会社設立学 お役立ちコンテンツ
ページトップ