ハワイのビーチ/ハワイ移住計画「ハワイファン!」

HOME >  お役立ちコンテンツ >  ハワイの観光スポット【ハワイのビーチ】
ハワイのビーチ

ハワイのビーチ

ハワイといえばやっぱり透き通った海と真っ白な砂がまぶしいビーチ。その楽園の姿はいつ訪れても私達を癒してくれます。
マリンスポーツの種類も豊富で、初心者から上級者まで楽しむことが出来ます。
明るい時間の綺麗なビーチもおすすめですが、夕方のビーチもおすすめです。
昼間とは違う雰囲気で、水面に映る夕日と夕焼け空がとても綺麗です。

人気のビーチ・穴場のビーチ

多くのビーチを有するハワイ。
それぞれに違った顔を持ち、遊泳やマリンスポーツなど様々な楽しみ方が出来ます。
ハワイの魅力的なビーチの数々をご紹介します。

オアフ島

 アラモアナ・ビーチ

大人気の買い物スポットであるアラモアナ・ショッピングセンターの前に広がるビーチです。
波が穏やかなため家族連れも安心して遊べます。街から近く、買い物がてら気軽に立ち寄れるのもうれしいポイント。

 カイルア・ビーチ

アメリカで最も美しいビーチと言われるカイルア・ビーチ。
さらさらの白い砂浜とエメラルドグリーンの海はのんびり眺めているだけでも癒されそうです。
サーフィンやマリンスポーツのメッカでもあります。

 サンセット・ビーチ

サーファーの聖地であるノースショアでも最も有名なのがこのサンセット・ビーチです。
特に冬場は波が高く、世界中から腕に覚えのあるサーファーが集います。
大きなヤシの木が茂っており、サンセット・ビーチの名のとおり美しい夕日はまさにハワイといったところ。

ハワイ島

 ハプナ・ビーチ

州立公園のビーチで、全米ナンバーワンのビーチにも選定されたことがある美しい景色が広がります。
トイレやシャワーなどもしっかり管理されており、長いビーチをゆっくり散策したいときにもおすすめです。

マウイ島

 カパルア・ビーチ

マウイ島の西に位置するカパルア・ビーチはカパルア湾の入り江に位置しており、穏やかな波と美しい自然を満喫出来ます。
サンゴや多くの魚も生息しているためシュノーケリングスポットとしても人気。
運がよければクジラを見ることも出来ます。

 カマオレ・パーク

カマオレ・パークはキヘイの海岸線に広がる広大なビーチパークです。
1から3まであり、コンビニエンスストアやショッピングセンターに近くアクセス抜群なのも嬉しいポイントです。
特に有名なのはカマオレ・パーク3で、公園にはBBQグリルを設置しています。

ビーチのルールとマナー

日本とは比べものにならないほど美しいハワイのビーチ。
目の前にするとついはしゃいでしまうものですが、定められたルールやマナーを守ることも大切です。

 安全面での注意

波が高い日や悪天候の日にはビーチに警告を示す赤い旗が立っていることがあります。
この時の遊泳は危険なので絶対に立ち入らないようにしましょう。
日本のビーチでも同じことですが、貴重品からは目を離さないで下さい。
また保安のためにライフガードが配置されているビーチもあり、彼らの指示には従うようにしましょう。
車で訪れた際には車上荒らしにも注意。車の外から見える位置に手荷物を置いたまま駐車場に停めるのも避けましょう。
ビーチ近くの駐車場が満車になっているからといって路上駐車は厳禁です。

 公共の交通機関を利用する場合

ザ・バスやタクシーなどを使ってビーチに訪れる場合、帰りの着替えを用意して行くようにしましょう。
水着のままや濡れたままの服での乗車はルール違反です。

 飲酒・喫煙について

ハワイはビーチを含む多くの公共の場での飲酒を法律で禁止しています。
美しい海を眺めながらハワイならではのトロピカルカクテルを楽しみたいなら飲食店や滞在先で。
お酒に酔ったままの状態でビーチに行くことも禁じられています。
一方、ビーチでの喫煙は厳密に言うと法律で禁止されているわけではありません。
ですが禁煙の標識を掲げているところも多く、あまり歓迎はされないのが実情です。
家族連れも多く、たくさんの人々で賑わうビーチでの喫煙はマナーを守って行いたいものです。

愛犬とのハワイ渡航を実現!ハワイドッグ
ハワイ移住計画のススメ ハワイ移住の流れ ハワイ不動産購入のコツと流れ ハワイLIFEインタビュー ハワイの語学留学 ハワイで会社設立学 お役立ちコンテンツ
ページトップ