ハワイと日本の不動産の販売方法の違い/ハワイ移住計画「ハワイファン!」

HOME >  お役立ちコンテンツ >  ハワイ不動産のマメ知識【ハワイと日本の不動産の販売方法の違い】
お役立ちコンテンツ ハワイ不動産のマメ知識【ハワイと日本の不動産の販売方法の違い】

ハワイと日本の不動産の販売方法の違い

現代女性のあこがれが、すべて揃っているとも言われているハワイ。
週末を利用して手軽に行けるアメリカであり、ビーチはもちろん人気のパンケーキやスイーツが多くの女性を虜にしています。
海外ウェディングやリゾート婚目的で、ハワイを訪れる人も年々増えているのだとか。
「いつかはハワイに住みたい」と移住を考え、コンドミニアムなどの不動産の購入を検討している人も多いようです。
ここでは、日本の不動産販売方法とハワイの実情について、違いを詳しくご紹介します。

ハワイの不動産販売方法の特徴

ハワイで販売される不動産の情報は、MLS(Multiple Listing Service)というデータベースにすべて掲載し管理されています。
そのため、どの不動産エージェントを窓口にして購入しても、価格や条件などは全く同じで、外国人や日本人であっても同じ条件で購入が可能。
これが、日本の不動産販売と大きく異なる点です。ニーズに合った不動産物件を購入するためには、経験豊富で信頼のおける不動産エージェントを選ぶことが大切です。

日本にも同じようなコンピュータ・ネットワーク・システムがあり、レインズ(Real Estate Information Network System)と呼ばれています。
これは、不動産流通標準情報システムの略で、国土交通大臣から指定を受けた不動産流通機構が運営しています。
レインズの会員同士で情報交換が行われていますが、すべての物件を管理出来るわけではないので、ハワイのMLSほどは浸透していないのが現状のようです。

不動産エージェントとは

ハワイで不動産の購入を考えた時に、まずは信頼のおける不動産エージェントを探すことが大事です。
ハワイにおける「不動産エージェント」とは、不動産ライセンスを保有している不動産業者のことを指します。ハワイの不動産取引では、売り主、買い主にそれぞれ不動産エージェントがついて交渉することになっているので、売り主と買い主が直接交渉することはありません。
ハワイでは、日本の不動産業者のように、会社が物件を所有するという形ではないのが特徴。
エージェントも会社から社員として報酬を得ているのではなく、1件ごとの取引成立によって契約をしている場合がほとんどです。

ハワイの不動産ライセンスについて

ハワイで営業が出来る不動産エージェントは大きく4つに分類されていて、保有しているライセンスがそれぞれ異なります。
ハワイの不動産エージェントのホームページや名刺には、(RA)(R)(S)(B)のどれかが明記されていて、どのようなライセンスを保有しているかが、はっきりとわかるようになっています。(R)や(B)などのブローカーライセンス保有のエージェントは、比較的不動産売買の経験が豊富な人が多いと言われています。
ハワイでの不動産購入を検討する際には、初めに不動産エージェントのライセンスを確認して、選ぶ際の基準にしましょう。

≫ 不動産セールスライセンス(Real Estate Sales License)

ハワイ州不動産委員会が実施する不動産セールスライセンス試験に合格し、ハワイでの永住権を保有している人に与えられるライセンスです。
一般的には、不動産ブローカーが経営する事業主や会社に所属してはじめて、不動産売買業務が可能になります。

リアルター アソシエート(RA)

不動産協会の会員のエージェントで、不動産セールスライセンスの保有者。

セールス (S)

不動産協会に所属していないエージェントで、不動産セールスライセンスの保有者。


≫ 不動産ブローカー(Real Estate Broker License)

不動産セールスライセンス(Real Estate Sales License)を保有し、さらに不動産ブローカー(Principal Broker)で3年以上の実務経験を積んで、ようやく受験資格が得られます。
その後ハワイ州不動産委員会が実施する不動産ブローカーライセンス(Real Estate Broker License) に合格する必要があります。

 リアルター (R) Realtor

不動産協会の会員のエージェントで、不動産ブローカーライセンスの保有者。

 セールス (S)

不動産協会に所属していないエージェントで、不動産セールスライセンスの保有者。

愛犬とのハワイ渡航を実現!ハワイドッグ
ハワイ移住計画のススメ ハワイ移住の流れ ハワイ不動産購入のコツと流れ ハワイLIFEインタビュー ハワイの語学留学 ハワイで会社設立学 お役立ちコンテンツ
ページトップ