ハワイ移住計画のススメ/ハワイ移住計画「ハワイファン!」

HOME  >  ハワイ移住計画のススメ >  ハワイ移住計画のススメ
ハワイ移住計画のススメ ハワイ移住計画のススメ

地上にあるもの全てを包み込んでしまうようなハワイの大自然。穏やかな風、空や海に心を奪われ、ハワイを訪れたことがある人なら一度は「ハワイに住みたい!」と、思ったことがあるのではないでしょうか。
是非ともハワイ移住を実現させましょう!

ハワイ計画移住委員会では、憧れのハワイ移住を実現させるため、準備や、ハワイの情報をまとめました。

ハワイ移住は、「ハワイが好き」「ハワイに住みたい」という気持ちだけでは生活していけない、という厳しい現実もあります。
ハワイの永住権を手に入れ、あこがれのハワイ移住を達成したとしても、ハワイの物価は東京並みに高く、思っていたよりも生活費がかかるという話も耳にします。
せっかくのハワイ移住を失敗に終わらせないためにも、「なぜ移住したいのか」「どういう形での移住を望んでいるのか」、また「移住して何をしたいのか」などを明確にして、自分軸をしっかりと持つことが大切なようです。

ハワイに移住して心から幸せだと思えるように、事前の情報収集や準備をしっかりと進めていきましょう。

ハワイ移住したい理由

ハワイに移住したい理由は人それぞれ。多くのきっかけは、「気候の良さ」と「自然」ですが、他にもこんな理由が挙げられるようです。

  • 海の側に暮らして、いつでもサーフィンができる環境が魅力。
  • 住んでいる人も大らかで、ゆったりとした気持ちで暮らせそうだから。
  • アメリカなのに日本人が多く、日本語も通じるから安心。
  • ハワイの人の話す英語はゆっくりで聞き取りやすく、自然と英語力が身につくから。
  • 日本とハワイの両国を行き来しながら、ビジネスが成り立つから。

ハワイ移住に向いているタイプ

ハワイ移住してみたけれど「こんなはずじゃなかった」と、日本に帰ってくる人も少なくありません。それでは、ハワイ移住に向いているのは、どのようなタイプの人なのでしょうか?

日本にいなくても仕事が成り立つ

拠点を日本からハワイへ移しても、自分のビジネスに影響がない人。ハワイに住んでいながら、日本からのキャッシュフローがあるタイプです。

子どもの語学教育重視型

日本国内でも幼児から英語を学ばせ、バイリンガルに育てたいと思う親御さんが多いと聞きます。
また、日本だけでなくアメリカをはじめ「他国の文化や習慣を理解できる国際人に育ってほしい」と考える人もいるでしょう。そのために、一番身近なアメリカであるハワイへの移住を考えるファミリーも多いようです。

リタイア後の人生を楽しむ

「子育ても一段落し、定年後はハワイでのんびり暮らしたい」と思っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。
ですが、ハワイは予想以上に物価が高いので、ある程度経済的に余裕がないと移住や永住はなかなか厳しいようです。
ハワイに本格的な移住をする前に、ロングステイやプチ移住で現地の生活を体験してみるのが良さそうです。

海外志向型

もともと海外に興味や関心があり、「日本だけでなく、海外にも活躍の場を広げたい」と思っている人。
海外は怖いところだというイメージよりも、海外でチャンスをつかみたい!というチャレンジ精神旺盛で、強い意志がある人には向いているようです。

海外投資型

ハワイで日本円以外の金融資産を持つことで、投資のリスクを分散するという考え方のようです。

ハワイ移住の方法

長ハワイに移住するための第一歩は、ビザの取得です。アメリカでのビザの種類もいくつかあって、大きく分けると「移民ビザ」と「非移民ビザ」があります。
「移民ビザ」とは、「グリーンカード」と呼ばれる永住権のことを指しています。これを取得することによって、期間にしばられることなくハワイで仕事を持ちながら自由に暮らすことが出来ます。
ですが移民ビザを取得するのは、そう簡単なことではないようです。

では、具体的にどんな方法があるのでしょうか。

【1】DVプログラムによる抽選

アメリカ移民局が年に一度実施しているプログラムで、抽選によってグリーンカード(永住権)が当たるシステムです。申し込み費用もかからずにオンラインで応募ができるので、人気があります。

【2】ハワイに駐在員として出向

日本に本社、ハワイに支社や子会社があり、駐在員として出向すると「Lビザ」が与えられます。

【3】ハワイの企業に就職

これは「Hビザ」という種類ですが、専門職や特殊なスキルを認められた人にしか与えられません

【4】ハワイに会社を設立

ハワイに法人の設立をして、現地のアメリカ人を雇用すれば「E-2ビザ」が与えられます。

【5】ハワイで国際結婚

ハワイ在住のアメリカ人との結婚によるビザの申請は、優先順位が高くて取得までの時間が短いのですが、偽装結婚を避けるために、結婚後2年以内は条件付きの暫定のビザが与えられています。
その2年後に手続きをすることにより正式な永住権が与えられています。

愛犬とのハワイ渡航を実現!ハワイドッグ
ハワイ移住計画のススメ ハワイ移住の流れ ハワイ不動産購入のコツと流れ ハワイLIFEインタビュー ハワイの語学留学 ハワイで会社設立学 お役立ちコンテンツ
ページトップ