物件の探し方/ハワイ移住計画「ハワイファン!」

HOME  >  ハワイ不動産購入のコツと流れ >  物件の探し方
物件の探し方

不動の人気を誇る南国リゾート=ハワイ。
青い空や青い海に囲まれたハワイは8つの島々から成り、日本のように四季おりおりの天候の変化はありません。
1年中が高温多湿ではなく、サラっとドライでストレスなく過ごせます。そんな魅力な島に移住を計画している人が多くいます。
そして、ハワイに移住できたら、日本とハワイを行き来できたら、と夢を実現している人が多くいます。

ハワイの不動産を魅力に感じるには3つの理由がります。
ひとつ目は、何といっても安定した資産となることです。リーマンショックの後でも不動産価格は価格崩壊を免れています、それは安定して価格を維持している証拠です。
二つ目は、日系人が多い事です。ハワイはアメリカの州のひとつですが、アジア系の人が多くすむ他民族社会です。
日系人が多い事で、日本人に対するサービスも充実しており、海外の不動産であってもハードルが高い、とは感じません。
三つめは、治安、地震などに対するリスクが比較的低いことです。
日本は地震国ですので、不動産であっても地震による建物の劣化などのリスクはハワイより高く、治安については、アメリカであってもハワイは治安が良い地域です。
天災はいつどこで起こるかわかりませんが、不動産に対しても上記のリスクは現状高くないと言えるでしょう。

また、移住を前に立ちはだかるのは、国の違いによる不動産システムの相違や見識不足から来る落とし穴の不安。
漠然とした目的では不動産購入後にトラブルになりかねませんので、しっかりとした購入目的を持つことが大切です。

年代別でみるハワイ移住の目的

50代以上

そろそろリタイヤを考えてハワイへの移住を考えているようです。
現役時代、大型連休を利用し訪れたハワイに魅力を感じ、リタイヤ後にハワイへ移住する方が多くいます。
一年中ゴルフ三昧、温暖な気候に魅力を感じています。管理や掃除などの面から、一戸建ての物件よりも、コンドミニアムなどを検討されている方が多くいます。

30〜40代の子育て世代

家庭を持ち生活の変化が欲しくなってきた頃、ハワイに移住し、こどもの英語力や国際感覚を身に付けさせたいと英語教育に熱心になるご家庭が多くみられます。
お母様とお子様二人でハワイへ留学し、お父様は休みに入ったら一緒にハワイで過ごすという素敵な生活を検討されている方がいます。

20〜30代

20〜30代は、語学留学とハワイへの憧れからハワイへ移住する方が多くいます。
ハワイ旅行で「ここに住みたい」とハワイに魅了され移住を希望するのです。
実現させるために、グリーンカードを取得し、就労する方法を検討される方が多くいます。

ハワイ物件購入の目的

長期滞在のための所有

長期休暇をハワイへ行くとその滞在期間が長くなればなるほど費用が加算してしまいます。
いっそのこと、ハワイに不動産を持ちたいが荷が重すぎる・・・。
その場合には、空いている時期を貸用物件として登録し、ムダなく運用し、そこから得られる収入をローン返済、税金対策費に充てることが可能です。

投資・不動産物産として所有

不動産の価値は景気によって大きく左右されます。
日本は不動産価値の変動が激しく、安定した投資とは言いにくくなっています。
しかし、ハワイの不動産は、重要が安定しているため世界中から注目されています。
ハワイには日本人が運営する不動産仲介業者や個人仲介業者も多く、不動産購入を全面的にサポートしてくれ、今では合理的にできるようになりました。
目的をしっかり決め、自分にあったハワイライフを満喫できる夢も身近になりました。

愛犬とのハワイ渡航を実現!ハワイドッグ
ハワイ移住計画のススメ ハワイ移住の流れ ハワイ不動産購入のコツと流れ ハワイLIFEインタビュー ハワイの語学留学 ハワイで会社設立学 お役立ちコンテンツ
ページトップ