内覧のポイント/ハワイ移住計画「ハワイファン!」

HOME  >  ハワイ不動産購入のコツと流れ >  内覧のポイント

気になる物件は実際目で見て触って確かめたいもの。
ハワイの物件を内覧する際は、国内のように何度も気軽に行き来出来る訳ではないので、チェックしたいポイントを予め押さえておくことをお勧めします。
因みに日本の場合、内覧と言えば空室の状態で見学できるイメージですが、ハワイの場合、まだそこに持ち主が生活している状態ということも多いため、内覧希望の際は早めの意志を伝え、日程調整してもらう必要があります。

内覧ポイント"間取り"

日本で物件情報を眺めていると、きちんと間取りが明記されており、平面図でもその物件の様相をイメージすることが出来ます。
しかしハワイではほとんど間取り情報は掲載されておらず、仮に間取り情報があったとしても、実際の間取りと違っている場合も多々あります。

内覧ポイント"タイプ別間取り"

間取り情報が一般的ではないハワイで間取りをイメージするものとして、「スタジオタイプ」「1ベッドルーム」「2ベッドルーム」「3ベッドルーム」などという表現で作りや広さを分類しています。
因みに、スタジオタイプは日本のワンルームにあたります。
あとは寝室数によって間取りが大方イメージ出来る仕組みとなっています。

内覧ポイント"ラナイ"

ラナイとはベランダやバルコニーのこと。
せっかくハワイ暮らしをされるのでしたら、このラナイ部分にもこだわりたいものです。
ただし、日本の習慣である洗濯物をベランダで干す行為はハワイではマナー違反。
景観を大切にするハワイ州の決まりであり、最悪の場合罰金ということも考えられます。
ラナイをチェックする場合、洗濯物を干す前提ではなく、あくまでも居住者がそこで快適に時間を過ごせるかどうか、眺望、日当たりなどをチェックするイメージで見てみましょう。

内覧ポイント"水周り"

日本は水周りや排水設備がしっかり整っている国ですので、水のトラブルはあまり普段聞くことは少ないのですが、欧米の場合、建物が古かったり、建物自体の老朽化で水のトラブルを抱えたりすることが時にはあります。
特に中古物件、築年数の行った物件はバスルームを中心とした水周りをよくチェックすることをお勧めします。

内覧ポイント"眺望"

ハワイでまず一番期待されるポイントがこの眺望でしょう。
実際ハワイの物件で値段に大きく反映するのがこの眺望。
誰もが青い海、青い空を一人占めしたいものです。
しかし、実際日本人がイメージするハワイの眺めを楽しめる市街地物件というものの多くは超高級物件であり、相当なお値段のするものです。手放す人も少なく、なかなか空きが出ないのも特徴です。
ハワイの物件選びで、利便性と眺望、両方を満たすものはあまり期待されない方が良いでしょう。

内覧ポイント"周辺環境"

物件選びで気をつけたいものの一つに、周辺環境が挙げられます。
スーパーや病院といった施設のチェックも必要ですが、騒音、ゴミ、治安、居住者間のトラブルについては更に積極的に確認する必要があります。
コンドミニアムなどの物件でしたら、共有スペースの清掃状況などで管理の程度が分かりますし、周辺に落書きが多い場合は治安の問題も考えられます。また、昼間と夜とで雰囲気もガラリと変わる場所もありますから、安心して生活できる環境かどうか確認しておくと良いでしょう。売り手はマイナスポイントを自らアピールすることはしません。
実際目で見て雰囲気を確かめることのできる内覧の機会には、五感をフルに生かし、そこが本当に居住スペースとして適しているかどうか判断してみてください。

愛犬とのハワイ渡航を実現!ハワイドッグ
ハワイ移住計画のススメ ハワイ移住の流れ ハワイ不動産購入のコツと流れ ハワイLIFEインタビュー ハワイの語学留学 ハワイで会社設立学 お役立ちコンテンツ
ページトップ