ハワイ(アメリカ)で永住権を取得/ハワイ移住計画「ハワイファン!」

HOME  >  ハワイ不動産購入のコツと流れ >  ハワイ(アメリカ)で永住権を取るには

ハワイに移住して一生ここで暮らしたい!と本気で願っているハワイ大好きな人に是非ともおすすめしたいのが永住権の取得です。ハワイで一生暮らしたいと思っている人なら誰でも永住権が欲しいと思っているはずです。 学生ビザや就労ビザなどを取得して90日以上の滞在を許可されハワイに住んでいる人でもやはりビザの期限があります。しかし永住権を取ればビザの期限を気にせずにハワイで生活することが出来る上、アメリカ市民と同様の恩恵を受けることが出来、就労や起業の自由が与えられるのです。ハワイに移住した人にとって永住権を得ることは多岐にわたるメリットがあるため、是非とも永住権を取ることをおすすめします。

■永住権=グリーンカード

永住権は通常グリーンカードと呼ばれています。グリーンカードはビザの一種で移民ビザとも呼ばれ、いわば「外国人登録証」です。
グリーンカードを取得すればハワイを含むアメリカで滞在期間、学校、就職などの活動に制限されることなく生活することが出来るのです。すなわちグリーンカードはアメリカでの無期限の就労許可証となるのです。

■グリーンカードはビザの一種

よく誤解されがちなのは、グリーンカードを取得したからと言って、日本の国籍を捨て、アメリカ国籍になるわけではありません。グリーンカードはあくまでもビザの一種です。
日本国籍を保持しつつ、アメリカ国籍とほぼ同様の恩恵が与えられるという権利です。
アメリカ国籍(市民権)を得るには、グリーンカードを取得後5年以上経過していることが条件で、更に別の手続きが必要となります。
このようにグリーンカードを保持したまま日本国籍であり続けるという選択も出来ますし、グリーンカードを取得した後にアメリカ市民権を得てアメリカ国籍になる選択肢もあります。
ちなみに、アメリカでは複数の国籍を持つことが出来ますが、日本の法律では二重国籍は認められていないためアメリカ市民権を得た場合、日本国籍から離脱しなければなりません。

■ハワイで永住権(グリーンカード)を取るには

グリーンカードがあれば、ビザの期限を気にすることなくハワイで生活することが出来、アメリカ市民と同じように就労することが出来る!では実際に日本人がハワイで永住権を取得するにはどのような方法があるのでしょうか。いくつか代表的な方法をご紹介します。

■アメリカ国籍者と結婚する

最も優先的にグリーンカードが取得出来るのは、アメリカ国籍の相手と結婚することです。
婚姻によるグリーンカードの申請は、いくつかある取得方法の中でも最も優先順位が高く、取得に要する時間も一番短いと言われています。
また、市民権取得までは一般移民ビザの場合は5年かかりますが、結婚の場合は3年に短縮されます。永住権の申請には、お付き合いの証拠として結婚前後の2人の写真やメールのやり取りのデータなど非常に多くの書類が必要とされます。そして最後には米国移民帰化局による面接が行われますので、英会話も必要です。この面接をクリアすればグリーンカードが発行され、永住権が得られるのです。

■DVプログラムによる取得

現在アメリカではある一定の国による移民が増えており、移民の隔たりを是正するために、行われているコンピューターの「抽選」によるグリーンカードの取得です。
これは「Diversity Immigrant Visa Program 多様移民ビザプログラム」通称DVプログラムと呼ばれ、5万人以上の移民を出している国は対象外になりますが、日本は対象国とされており、毎年当選者も増えています。ただし、当選してグリーンカード(永住権)を取得しても1年間に1度もアメリカ入国の記録がないと取り消しの対象とされます。
どの国からも一番人気のあるこのDVプログラムですが、申請条件があります。

・心身共に健康である
・出生地が対象国である
・犯罪歴がない
・高校卒業あるいは専門職で2年以上働いた経験がある

これらをクリアしていれば、英会話が出来なくても永住権の取得が可能となるのが
DVプログラムです。
申請には書類集めなど、手続きが大変ですが、代理申請をする会社もありますので、ハワイに移住したいが現実にはまだ具体的でない、と言う人もひとまず応募してみることをおすすめします。
応募は一人1通ですが、当選すれば配偶者もグリーンカード発給の対象となりますのでご夫婦で応募すれば、当選率も高くなります。

■投資ビザによる申請

「ハワイで起業したい」とお考えの方におすすめなのが投資ビザによる永住権の申請です。投資ビザを取得して、投資を行いハワイに貢献できている場合のみ、申請が認められます。この場合、将来的にハワイで一定数の雇用や経済効果を発揮出来ることが条件となります。ただし、ハワイで分譲マンションを購入したなどの投資は社会貢献ではなく自己投資となりますので永住権が取れる保障はありません。

投資ビザによる永住権の取得は申請から取得まで通常3年ほどかかると言われていますが、将来ハワイで起業しながら移住したいと考えている人には投資ビザによる申請をおすすめします。

愛犬とのハワイ渡航を実現!ハワイドッグ
ハワイ移住計画のススメ ハワイ移住の流れ ハワイ不動産購入のコツと流れ ハワイLIFEインタビュー ハワイの語学留学 ハワイで会社設立学 お役立ちコンテンツ
ページトップ