法人の運営と維持/ハワイ移住計画「ハワイファン!」

HOME  >  ハワイで会社設立 >  法人の運営と維持
ハワイで会社設立 法人の運営と維持

ハワイでコンドミニアムなどの不動産物件を購入するとき、ハワイでの会社設立を進められることがあります。ハワイでは、購入した不動産物件をレンタルに出して、賃貸の利益を得ることも出来るのです。
個人の所有としてではなく法人の所有とすると、日本〜ハワイ間の旅費や不動産の維持費などを経費として差し引くことが可能となり、税金を節約出来るメリットがあります。

ここでは、ハワイで会社を設立した後の法人の運営と維持について紹介していきます。

ハワイでの法人の運営

ハワイで会社を設立した場合、ハワイに居住していなくてもその運営は可能ですが、その際には法人登記後の運営や維持をハワイの代行業者に任せるのが一般的です。
実は、ハワイに居住せずに日本国内で活動している方が多いのが現状なのです。
ですから、日本にいながらにしてハワイで法人を運営していくためには、代行サービスはなくてはならないものになっています。代行サービスの利用料は、各会社によりますが、年間の管理費用として500$前後の費用が必要の目安となります。
日本とは法律の違いもありますから、運営に関わる法律などを自分で勉強するのも良いでしょう。

ハワイでの法人の維持

ハワイでは、会社を設立したら、毎年決められた登録料を納める義務があります。そして、登記の更新も行わなければなりません。
これは、「Domestic Profit Corporation Annual Report」というもので、これらの義務を怠ると登録を抹消させられたり、会社を休止させられたりします。

登記の更新というのは、ハワイ州が発行する「会社報告」の通知に基づいて、登録してある会社の情報に変更がないかを更新します。取締役や役員の氏名・住所などに変更があった場合は、この更新の時点で行えます。

ハワイでの法人運営のメリット

ハワイの法人運営のメリットとしては、まず会社の設立が日本よりも簡単に会社を設立出来るということです。
アメリカには最低資本金制度というものがないため、低費用で会社設立が出来ます。役員が一人でも会社の設立が可能です。しかも、アメリカでは日本と違って資本金が銀行に入金されていなくても会社設立が出来ます。

次に挙げられるのは、日本でも法人として登録が出来ること。会社設立の際、ハワイでの登記と日本での外国会社の営業所設置登記のどちらも行うことが出来ます。ですから、日本でも法人として活動が可能です。登記簿謄本や印鑑証明も取得出来ます。

また、ハワイは日本語が通じやすいというのも、会社運営のメリットと言えるでしょう。ハワイは日本人観光客が多いため、ショッピングセンターやスーパーマーケット、ホテルや銀行にも日本語を話せるスタッフが多く安心出来ます。ハワイ〜日本間の直行便も多いので、比較的行き来しやすい環境にあるのも魅力的です。
ハワイの法人として活動出来るので、日本の企業では会員になれないようなところでも活躍することが可能になります。

ハワイでの法人運営のデメリット

先にも記しましたが、ハワイでは毎年登記の更新手続きが必要で、その手続きに350ドルかかります。
更新の手続きを行わないと、会社の運営が出来なくなってしまうので、絶対に忘れてはいけないことです。

また、ハワイでの売り上げがない場合には納税の義務はありませんが、ハワイと日本の両方で売り上げがあった場合には、二重課税にならない範囲でどちらの国にも納税する義務が発生します。

日本で登記をすれば株式会社と同じように活動は出来ますが、日本の法律に基づいて設立された会社と区別する必要があります。
よって、登記の際には「株式会社」とは表記出来ないようになっています。公的な金融機関からの融資も受けられません。

愛犬とのハワイ渡航を実現!ハワイドッグ
ハワイ移住計画のススメ ハワイ移住の流れ ハワイ不動産購入のコツと流れ ハワイLIFEインタビュー ハワイの語学留学 ハワイで会社設立学 お役立ちコンテンツ
ページトップ