ハワイのグリーンカード/ハワイ移住計画「ハワイファン!」

HOME  >  ハワイ移住の流れ >  ハワイのグリーンカード
ハワイ移住の流れ ハワイのグリーンカード

ハワイに移民したい人ならば、誰でもグリーンカード(永住権)が欲しいと考えます。グリーンカードがあれば何の制限もなくハワイでの生活を楽しむことが出来るのです。いわゆる永住権ですので、ビザの期限の心配をせずにハワイ生活を考えるには最も有効な手段です。
しかし、そうは言っても、このグリーンカードを申請、取得するのは至難の業です。

グリーンカードとは

グリーンカードとはハワイを含むアメリカに永住出来る権利です。
グリーンカードはビザの一種であり、移民ビザとも呼ばれています。

グリーンカードという名の由来は永住権が緑色のカードだったことからそう呼ばれるようになりましが、今では薄いピンクがかった肌色となっています。

グリーンカードのメリット

グリーンカードを取得することによってアメリカ(ハワイを含む)での滞在期間や学校、職業などの活動に制限されることなく生活することが可能です。

またグリーンカードはあくまでビザの一種ですから、取得したからといって、アメリカ国籍になるわけでも、日本国籍を放棄するということでもありません。
日本国籍でありながらアメリカ国籍の市民とほぼ同じ恩恵が与えられます。
市民権と呼ばれるアメリカ国籍を取得したい場合は更に別の手続きが必要になります。

通常、グリーンカード取得後5年以上で市民権の申請が可能です。ただし、日本の法律ではアメリカ市民権を得た場合は日本国籍を離脱しなければなりません。
しかし一方でアメリカ国籍の市民と同じ恩恵のあるグリーンカード所持者のままで、日本国籍であり続けるという選択も出来るのです。

グリーンカードを取得するには

グリーンカードはハワイを含むアメリカでの居住、労働が永久に可能になる移民就労ビザとも言われています。日本人がアメリカ移民ビザを取得するには以下の方法を通して申請します。

婚姻などによる家族(アメリカ市民/永住者)ベースの申請

日本人がグリーンカードを取得する最も一般的な方法はアメリカ人と結婚することとも言われています。
アメリカ人の配偶者やその他の家族、またはすでに永住権を持っている人の配偶者やその他家族が対象となる永住権の取得方法です。
婚姻ベースのビザ申請は永住権取得の中でも優先順位が高く、取得にかかる時間も一番短いことから、アメリカ人と結婚するのがグリーンカードを取得するする最も一般的な方法といわれています。

雇用ベースでの申請(資格や要件により6つに分類されます)

企業がスポンサーとなって雇用を通した移民は、申請者の所有している特別な技能のレベルが高いほど早く簡単にビザを取得出来ます。
企業の管理職や重役、業績のある教授や研究者、芸術、科学、教育やスポーツの分野などで卓越した人たちはすぐに取得出来ますが、技能の無い労働者の場合は取得に何十年もかかる場合があります。

会社設立によるビザ申請(雇用を生み出す投資が目的)

アメリカにかなりの金額を投資した人に与えられる永住権です。
日本国内で事業を行なっている人が関連会社をハワイに設立し、従業員を雇用する方法です。アメリカにかなりの金額を投資し、アメリカ経済に貢献することなどが条件になります。

移民多様化ビザ・プログラム(DVプログラム)による抽選

申請で取得するのが大変なグリーンカードですが、これを「抽選」で当てるという方法が毎年実施されています。通称「DVプログラム」と呼ばれる「多様移民ビザ・プログラム(Diversity Immigrant Visa Program)です。
現在、アメリカではある一定の国による移民が増加しています。そんな偏りを是正するために行われているものこそが、このDVプログラムです。いわばグリーンカードの「宝くじ」といえるでしょう。
世界各国から移民を偏りなく受け入れることが目的なので、移民が多い国からは受け付けない場合もありますが、日本はDVプログラムの対象国とされ、当選者数も年々増加しています。
ただし、グリーンカードはアメリカ国内に居住することを前提に発行されるので、1年間に1度も入国記録がないと取消の対象になります。

愛犬とのハワイ渡航を実現!ハワイドッグ
ハワイ移住計画のススメ ハワイ移住の流れ ハワイ不動産購入のコツと流れ ハワイLIFEインタビュー ハワイの語学留学 ハワイで会社設立学 お役立ちコンテンツ
ページトップ